アライブ通信(社長ブログ)

更新日:2018.04.26 - アライブ通信(社長ブログ)
IMG_8633 (3)

社長の竹森です。

 平成30年度に入って、はや26日。4月26日です。この年度っていうのも、ややこしいですね。2018年が、平成30年というのも面倒な話で、全部西暦にしてほしい・・と思う今日この頃。そのうえ、30年度となるとさらに時期が3か月もずれるので、日本は色々面倒な国です。

さて、本当はすでに決定していないといけない、30年度目標。今ごろ、う~んと悩んでいますが、研修予定はばっちりですよ!!

今年の目標は、

「自らが先生、自らが教える(仮)」

介護技術は、毎年マネージャーが指導していたのを、今年はみんなにやってもらおうと決めました。そして、店長は店長で、幅広い知識をみんなに披露することにしました。勝手に決めたけれど、「やるぞ~」と店長会議で発表。

ただし、楽しく負担なく。そして絶対に面白く。

私はよく、いろんな知識を持とうよ、いろんなことに興味を持とうよ。と伝えています。(伝えきれていないけれど・・・)介護業界の中の事だけ知っているんじゃなくて、幅広く興味を持ってほしい。

介護の一番重要なことは、利用者さんの人生に寄り添うことというじゃありませんか。

利用者さんの生きてきた時代も文化も知らず、一生懸命生き抜いた仕事のこともわからずに、寄り添うなんて無理でしょう。

100%知らなくてもいいんです。少しだけ、「その歌、聞いたことがあります」とか、「立派な本を作っていたんですね」とか、少しだけでもわかってあげてほしい。その人にとって、かけがえのない時間だったはずです。かけらだけでも、理解してあげてほしいと思います。

 そんなわけで、平成30年度は、みんなでいろんな知識を増やしましょうね。

へるぱるさんにもほめられちゃったし。

「キラキラ☆へるぱるさん」になったよ。ヘルパーとサービス提供者の雑誌」

 

 



更新日:2018.04.24 - アライブ通信(社長ブログ)
IMG_6423

社長の竹森です。

 毎月25日は、アライブメールの日。給与明細と一緒に「アライブメール」という、働くスタッフに向けた手紙を渡します。私だけではなくて、マネージャーのコメントや、料理のミニレシピや、介護の内容について。4月号は、「自立支援の見守り的援助」について書いています。

 で、私は全く関係ない、こんな話。

 ずっと前に、モレスキンノートについて書いたことがあります。初めて使ったのが、2014年なので、もう4年目に入っています。現在31冊目。高いノートですが、他のノートと違い、ものすごくしっかりしていてボリュームもあります。年月日を付けて書き込んでいるので、とりあえず4年間分は、いつどこで何が起きたか、ほとんどわかります。(乱文も多いけどね)すっかり記憶力がなくなってきた?私にとって、とても頼りになるツールとなっています。先日、3年前にお会いした人を偶然、他の方から紹介されて、慌ててどんな人だったかノートをたどると、はっきり書き込んでありました。また、昨日はミーティングで「そんなこと言ったっけ?」となって、慌ててノートを振り返ると、確かにそう指示していたので、汗、汗。何十年も、仕事の記録のつけ方と保管に悩んでいた私ですが、このスタイルがちょうどあっているようです。ポイントは、ノートにページを記入することと、最初の数ページを目次ページにしてから使うこと。これ、後からとても役に立ちますので、超お勧めですよ。皆さんも、利用者さんの情報を手帳に記入していると思いますが、まずは目次の作成をると便利です。最近、国会でも記録があるの無いの、記憶にはないのと、大騒ぎですね。人間、だんだん歳をとっていきます。身体も頭も新品のようにはいきません。身体に不足なところが出てきたら、薬やサポーターや杖、車椅子を上手に使っていけばいいし、頭も同じです。自信がなくなってきたら、それをカバーする方法が必ずあるはず。便利な世の中になっているので、いろいろ探してみてくださいね。

IMG_6429

IMG_6430

 

30代後半からやってきた記憶の不安・・・ 

つまり、記録の方法について言いたかったのです。

ずっとずっと仕事をしている私にとって、記録は大変重要なもの。お客さんや社員との打ち合わせで決まったこと、約束したことは忘れるわけにはいかないもの。

 実は、30代の頃までは、そんなに記録方法にこだわっていませんでした。

1か月のスケジュールが見開きで見える程度のカレンダー型でOK。あとは、ノートに走り書きで十分。なんでも自分の脳の引き出しにしまってあるから、ほいほい出してくれば、それでいくつもの案件をこなすことができました。なんの迷いもなく、リングノートやらA4コピー用紙やらをばらばら持っていて、クリアファイルに入れるだけでした。

少し、陰りが出てきたのは、30代後半。
今までと同じようにしていて、帰りの電車の中とかで「あ~~~!!!!」と思い出す大事な仕事。皆さんも覚えがあるのでは? 
でも、たいていが、その日のうちに思い出すので、まだまし。

40代になってから、これが、思い出せなくなってきました。

「あ~~~!!」が、ないのです。

なにかまずいことがあってから、初めて「あれ?そうでした?」を体験して、大ショック!!です。

これを私は、「記憶の棘さえなくなった」と言っています。

つるんつるんの真っ白。記憶の棘のかけらもない。これは、ショックだけれど無邪気です。罪悪感さえない。だって、自分にとっては何もかも、覚えのないことだから。(認知症ってこんなかんじなんだろうなあ・・・・)

なんとかしなきゃあ・・と始めたノート術の研究 

「それじゃあ、まずい、まずい、まずい」となりまして、途端に記録方法にこだわりだしました。

最初に行ったのは、卓上型の日めくりカレンダー。先の予定日付の1枚にいろいろ書き込んでおきます。1枚のカードが大きいので結構かけますが、そのうち、このカレンダーを店頭で見かけなくなり、終了。

そのあとは、システム手帳の大流行にのって、いろんなフォームのファイルを一冊に持っていました。→ややこしすぎて終了。

スケッチブックを使ったり、束ねられるA5サイズノートを使ったり。

学生時代に使ったルーズリーフ型用紙を使ったり・・・これは書きにくくて却下。

 

まるで、寝心地が悪くて、ベッドの上で体勢をごろごろ直しているように、あっちを使ったりこっちを試したり・・・です。ノートが気に入っていないから、読み返す気にもならず・・・ただ書き散らかすだけの道具です。

そのうち、インターネットでいろんなノート術が紹介されだしました。

ある日、ロフトの店頭に、「コーネル式ノート」というのがあって思わず買ってしまいました。これは、ただのB5サイズのノートに、縦と横の線がL字型に入っているだけ。なのに、これは結構、使い勝手がよかった。何がよかったかというと、後で書いたことを探すのに、実に見つけやすい。たった線が入るだけで、こんなにも使いやすいのかと感動でした。

アメリカの名門大学発! コーネル式ノート術をやってみたら驚くほど勉強が捗った話。

 

結構これを長く使いながら、そして行き着いたのが「モレスキン」

「伝説のノート」と言われて、あのゴッホやピカソが愛用していたという、歴史的なノート。ネットをみれば、山のように、芸術的に活用している作品が出てきて、ため息が出てしまう。ただの記録がこんなに美しいとは・・・・ついつい、自分も~と始めてしまいました。

【Moleskine】モレスキンの使い方と魅力を語ってみる

 

ラージタイプのハードカバー(A5サイズくらい)1冊が、今は3,000円くらいする素晴らしくお高いノート。最初は、ページを開くのでさえ、ドキドキものです。先輩たちのノート術を参考に、各ページにページ番号を振り、目次ページも作ります。

これがすごくよかった。一応、仕事内容で、目次を何個か作ったけど、とにかく後で探しやすい。現在は31冊目だから、さすがに、雑に使ってはいるけど、でも、記録するという作業にもってこいです。

スマホが出てからは、カレンダーアプリも併用して使っているけれど、やっぱり人と話しながら何かを決めたり、考えたりは、アナログのノートが使いやすい。すでに、4年以上たっているけれど、このまま続ける予感がします。

あと何年も何十年もたっても残っているかもしれないこのノート群。

最近は、少し雑になったので、また少し丁寧に楽しいことも書き込んでみようと考えています。

IMG_6433

訪問介護は記録が命。みんな記録方法はしっかり考えてね!!

訪問介護の仕事は、本当に1件1件まったく違う家に行くことです。

家の間取りも物品の場所もすべて違います。家族関係、気にしていること、しなければならないこと・・本当にすべてが違います。そこで、必ず引継ぎを行いますが、いっぺんにすべてを覚えることはできない。だから、みんな小さな手帳を持参しています。

この記録の取り方が、上手な人とそうでない人は、明らかに仕事レベルが違うきがするんだなあ・・・。あまりに下手な人は、店長から指導が入ることも。一度、みんなのノート術を見てみたいと思います。

IMG_6424

 ※No2のノート。マララさんの強さに感動して書き込みました。

IMG_6427

※No3のノート。店長たちが私にメッセージをくれたので、嬉しくて貼ってある。

 



更新日:2018.04.19 - アライブ通信(社長ブログ)
kaigo_syokujikaijo

社長の竹森です。

昔から、初めて介護の仕事に就く人の面接のときには、必ず、施設介護と訪問介護について説明をしています。
なぜなら、テレビやニュースでよく見るのは、やはり施設系の介護だからです。
良い悪いにかかわらず、施設系のイメージがどうしても先行しています。

訪問介護の仕事を理解してもらうために、私はまず、「施設は学校で、訪問介護は家庭教師と思ってね」と伝えます。
すごくざっくりした説明ですが、だれもがイメージできるものなので、説明しやすい。

school_class_woman

school_tosyokan_kakari_girl

 

介護の仕事でも、在宅介護と施設介護の違いは結構いろいろあります

まずは、一番大きく違うことは、多対多(これが施設介護ね)で行うか、1対1(訪問介護)で行うか。ここが、学校と家庭教師の例ですごくわかりやすいところ。
ふ~ん施設介護は、たくさんのスタッフと一緒だから安心かも・・?と新人さんは思うかもしれないけれど、ちょっと待って!! 人手不足の今、介護業界はとんでもない人材不足です。

人手不足になると訪問介護は、事業所全体の仕事が減ります。

だって、行って介護する人がいないと仕事にはならない。涙。スタッフは少しは忙しくなるけれど、一人が細胞分裂して2人になったりしないから、限界がある。

で、施設はどうかというと、入居している人を追い出すわけにはいかない。

施設はスタッフが減っても、施設全体の仕事は減らない。

そこが大変だと思います。必要なスタッフが減って、1人当たりの仕事が増えて、さらに人が減って・・・悪循環!! 虐待事件にもつながってしまいます。

最近、市や都の「介護職員の虐待防止」の研修が増えます。ただ、訪問介護では、あまりヘルパーによる虐待は聞かないような・・。家庭内DVの話はよくあるので、最初聞いたとき、その研修かと思ったことも。

また、重要なポイントとして!!

訪問介護は、どうしても相性が合わない利用者さんとスタッフは、担当を変えることがよくあります。

人間ですもの、好き嫌いと相性はあります。でも、施設の中だと、そういうわけもいかなくて・・・。これは、お互いにとっても辛いかも・・・・ですね。

koureikasyakai (2)

 

訪問介護は利用者さんのテリトリーに踏み込んでいくこと!!

他にもたくさんの違いがあるのです。

例えば、テリトリ―。

介護施設は、利用者さんの家ではありません。もちろん、もうこれからずっと住み続けることになるかもしれないけれど。
基本的には集団行動。施設内のタイムスケジュールや年間行事で生活します。

訪問介護はもちろん、利用者さんの自分の家。自分のテリトリー。自分の家で自分の好きなように生活できます。ケアプランに従ってのタイムスケジュールはあるけれど、基本は自由。気に入らなければ変えることもできるし、サービスも自分で選べる。

もちろん住環境も違ってきます。施設は、介護をするためにすべての設備が作られています。いかに短時間で多くの方の面倒が見られるかが基本。

訪問介護は個人の家に行くので、千差万別。一戸建て、アパート、マンション。2つと同じ家はありません。標準的な家も、豪邸も、ごみ屋敷だってあります。家具も配置も設備もほーんとにいろいろ。昭和初期かしら!?というものから、最新機材がそろっているお宅もあり。ご家族も、同居だったり、遠方に住んでいたり、いなかったり。東京都では、最近は独居の方がどんどん増えているのです。

65歳以上の方の中で、一人暮らし割合は、24.6%。→ https://www.access-point.jp/news/2633

介護の仕事内容も住環境や家族関係によって全く変わります。(最近できた、サービス付き高齢者住宅は、訪問介護だけど、ちょっと違うかもしれない。)

一人の人が、いかに効率よくたくさんの利用者さんの介助ができるか・・は、施設にとって、とても大事だと思う。

それに対して、一軒一軒違う家や家庭に対して、上手に介護していくかは、在宅の仕事でとっても重要なこと。当然、マスターしないといけないスキルのポイントも変わります。

kaigo_kigae

訪問介護には、介護力+接客力+応用力が必要よ

訪問介護にとても大切なスキルは、やっぱりまず、マルチな応用能力でしょうか。

住居もご家族も近所の環境も全然違うことに対応していかなければならないので。介助や家事の道具もその家のものを使って行います。

利用者さんも、自分のテリトリーだから、要望も多いです。机の上の物、椅子の位置、冷蔵庫の食材・・すべてヘルパーさんの好き勝手にはできません。
それに、1対1だから、コミュニケーションもしっかりとらないと、気まずい、気まずい。

長年こうして管理職をしていて、利用者さんのクレームは、やっぱりたくさんいただきます。
そして、そのほとんどは、「口の利き方がなっていない」「笑顔が少ない」「話が合わない」「気が利かない」。
介護に関してだけのクレームはめったにないものです。

こうしてみると、訪問介護のスタッフは、介護ではなく接客業ではないか?と思います。

 

利用者さんにとってみると、1週間に数回、ヘルパーさんが来ること、それが唯一の話し相手だったりするのですよ。本当に楽しみに待ってたりするわけですよ。だから、そういうクレームを言いたくなるのもうなずけます。ほんとです。

roujin_dokkyo

人間大好きで、いろいろ考えて、メリハリのある仕事をしたい方にはぴったり

介護の仕事を考えている方、今、介護の仕事が好きな方。

人と話すのが好きなんです。誰かにありがとうって言ってもらいたいんです。といって、介護職を目指す方は多いはず。本当の利用者さんの姿を見れて、いろいろ対応を考えて、スリルとやりがいを感じたい!!って方、ぜひ訪問介護ものぞいてくださいね。大変だけれど、ぜひぜひ。

 



更新日:2018.04.17 - アライブ通信(社長ブログ)
IMG_6292 (2)

社長の竹森です。

先日、東京の下町、亀有に行ってきました。亀有って、あの「こち亀」で有名な東京の下町です。

でも、東京の人間でもなかなか行かないところ。(近くに住んでいる方は別だけど)
ちょっと用事があって土曜日に行くことになったのですが、もう2度と行く機会もないかもしれない(?)と思って、観光名所は?と検索。
残念・・・。スカイツリーもかなり遠い。柴又帝釈天は・・こちらも結構、距離がある・・・。

なので、結局、両さんだけを見て帰りました。

さすが、「こち亀」の街。駅前は、両さんの銅像。だれも見ていないけれど。名物も両さん。

IMG_6316 (2)

IMG_6318 (2)

両さんサブレに、両さんどら焼き。両さんめんこ焼きってなんだ??

IMG_6317 (2)

歩いていると、亀だって売ってる!!「亀有」か???

IMG_6322

亀有公園前派出所も確認!!  両さん、いるわけないですよね。普通の交番でした。

IMG_6323 (2)

そして、亀有公園。ベンチには両さんが座っています。だれも気にしない。

IMG_6338 (2)

IMG_6345 (2)

ンションに囲まれた、結構広い公園で、土曜日なので、子供が遊んでます。思った以上に遊んでて、少しほっとした次第です。お父さんとキャッチボールしている子もいたりして、いわゆる日本の休日風景。公園に子供がいるとなんとなく救われます。

さて、日本はこれから少子高齢化。いろんな会合に行くたび、このテーマ、結構おおいですね。
今、日本の人口は約1億2千万人。そのうち、東京に住んでいる人は1370万人。日本の10%以上が東京に住んでいるんですね。

東京都で、65歳以上の方の中で、一人暮らし割合は、24.6%。 東京はどんどん一人暮らしの高齢者が増えていきます。
特に、23区はこれからが大変です。

武蔵野市が、平成29年に作成した調査報告書によると、

Q 病気で数日寝込んだ時に看病や世話をしてくれる人 に対して
A そんな人はいない・・・一人暮らし 32.8%

!!! 誰も助けてくれない、看病もしてくれないという気持ちで生活している方が、32%もいるそうです。

高齢者の介護予防日常生活アンケート

IMG_6360 (2)

介護に関わって仕事をしていると、いろんな人生を垣間見ますが、いつも思うのは、「おわりよければ、すべてよし」。

最後は、穏やかに、優しい気分で迎えたいものです。
亀有公園の両さんみたいに、子供たちがワイワイ遊んでいるのをのんびり眺めているのっていいなあ、なんて思った亀有でした。

 



更新日:2018.04.12 - アライブ通信(社長ブログ)
IMG_2624

社長の竹森です。

最近は、各店長、いろいろイベントを企画しているようです。
「こんなイベントしたいんですが・・・?」などの相談はありません。
本当に、一切ありません。(笑)

実は、社内でロージーフェスタっていうイベントをしていて、毎月それぞれのお店に大入り袋がでています。
この使い道は、完全に店長に任せていて、社内が楽しくなることだったらなんでもOK なのです。

訪問さんもケアマネさんも登録さんも事務さんも、みんな一緒にね。というのが条件。

1月、2月は吉祥寺が頑張って、大入り袋をしっかりとったんです。

IMG_6246

IMG_6247

 

それでどうもお花見パーティをしたようですね。

イベントが終わると、山のように写真が送られてきて、それがこちら↓↓↓

IMG_6184 (2)

IMG_6187 (2)_LI

IMG_6186 (2)

IMG_6177 (2)

IMG_6178 (2)

IMG_6167 (2)

IMG_6227 (2)

みんないい感じにできあがってるね~~。

「ワークライフバランスを」と最近何かと話題です。仕事と自分の生活の両方の調和をとっていこうということですね。

それは、生活と仕事を上手に調和させて、相乗効果で好循環を生もうね ってことらしいですよ。

だから、「仕事と私生活をきっちり分けて、仕事で我慢する分、私生活を満喫する」ということではないのです。
仕事が私生活をも豊かにし、私生活から受けたいいエネルギーを仕事に生かすってことでしょうか。

仕事は、我慢して耐えるもの・・・と思わずに、楽しく面白く働いてくれると私はとてもうれしいです。
ただいま、軽~く息抜き中の、春うららなアクセスポイント吉祥寺でした。

 

 



1 / 81234...最後 »

お気軽にお問い合わせください

0422-23-8302

お問い合わせはこちら

サービスエリア

武蔵野市・三鷹市・小金井市・新宿区・豊島区・中野区・杉並区・渋谷区・目黒区世田谷区・港区・品川区・大田区

ホームヘルパー・ケアマネージャースタッフ募集中です!

訪問介護のアクセスポイント

登録ヘルパーさん、
正社員さんを
募集しています!

訪問介護の登録ヘルパー・社員の求人募集

未経験者の方もブランクさんもスタッフ一同大歓迎です。
アクセスポイントは、アットホームで働きやすいあたたかい雰囲気の職場です。

≫求人募集一覧

  • 経験者・現役ヘルパーの方へ
  • 無資格・未経験者の方へ
mautic is open source marketing automation