スタッフブログ

更新日:2018.05.29 - スタッフブログ

 マネージャーの井上です。

今年度の社内研修はサービス提供責任者による持ち回りの研修です。

さて、吉祥寺店の今月の研修は「緊急時の対応について」

IMG_3301 (3)

【研修の前の研修をして臨んだサ責Uさん♪】

まずは、当社で実際にあった利用者さんの急変時や、転倒などの事例を紹介です。
いったいどんな緊急事態が起こったか、
その時にどういった対応をしたのか、

サ責ならではでの現場知識もここで発揮しています。
もし救急隊を呼んだらどんなことをきかれるか?

住所や年齢、かかりつけの病院、持病、今電話しているのは誰か等・・・

さらに、

ヘルパーさんの週間予定、どれくらいの日数サービスに入っているか
(自宅でもし倒れていてなくなっていた場合は、警察に事情をきかれきかれます)

あとは、救急搬送時の持ち物です。
なるほどと思ったのは「靴」です。これも現場に入っている人ならではの見解。
すぐに自宅に戻る場合もあるので、これは確かにその通り!!

ヘルパーさんからの質問としては、緊急時事務所にはどのような内容を報告(何を)したらよいか??
あわてててしまうこともあるので、ある程度誘導してくれたら・・という
ような意見もありました。

訪問介護では当然ながらヘルパーが一人で対応しないといけないことがほとんどです。
もちろん、訪問してお亡くなりになっていたりということもあります。
転んでいるところを発見することもあります、

yjimageXH3K2P1E

 

 

 

私個人の経験ではトイレの中で熱中症で倒れていて、ご家族に許可を得てドアを壊して救急搬送に
なったこともありました。つねに、元気でいるというわけではないのです。

だから、いつでも緊急対応に備えること。
そのためにはいつ、何を、どのように報告し、どうするのかという判断力を
常にもっておかなければなりません。

サービス提供責任者は繰り返し言います。
「何かあったら、すぐ事務所に連絡して!」
それは、いちへルパーに判断を任せるのではなく、チーム全体で利用者さんのケアに取り組むため、
全員で利用者さんを守るため、
そして、不安なへルパーさんの頼りになりたいためでもあります。

避難訓練と一緒で、毎年やらなければ身につかない、
じっさいにやらなければ身につかない、
いつでも起こりうると自覚すること・・今回はそんなことを伝えたかったのかなと
感じました。

サ責が自ら調べどのように伝えるか、そんな楽しみも私のなかでありましたが、
自分とは違った切り口で、なおかつ普段みせることのない「講師」役がなんだか
とても頼もしく感じられました。




お気軽にお問い合わせください

0422-23-8302

お問い合わせはこちら

サービスエリア

武蔵野市・三鷹市・小金井市・新宿区・豊島区・中野区・杉並区・渋谷区・目黒区世田谷区・港区・品川区・大田区

ホームヘルパー・ケアマネージャースタッフ募集中です!

訪問介護のアクセスポイント

登録ヘルパーさん、
正社員さんを
募集しています!

訪問介護の登録ヘルパー・社員の求人募集

無資格の方も、未経験者の方もスタッフ一同大歓迎です。

  • 現在、ケアマネージャー 求人募集中!
  • 経験者・現役ヘルパーの方へ
  • 無資格・未経験者の方へ
  • 通院だけのプラン(通院介助専門)の方へ
mautic is open source marketing automation